<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

パワーグリップとリストストラップの違いを比較!どっちがおすすめ?

パワーグリップとリストストラップの違いっていまいちわからないですよね?

 

・どういうトレーニングに使えるのか。

・重量はどれくらいまで耐えられるのか。

・どちらの方が重量に耐えられるのか。

・どっちの方が簡単で使いやすいのか。

見た目の感じから具体的な使い方まで使ったことのない方にもわかりやすく解説しますね。

スポンサーリンク

パワーグリップとリストストラップを完全比較!

パワーグリップもリストストラップも握力の補助をしてくれるアイテムでどちらにもメリット、デメリットがあります。

 

今回は僕が使っているパワーグリップ「king2ring」とリストストラップ「GOLD'S GYM」で比較していきますね。

パワーグリップとリストストラップの共通点(使う目的)

パワーグリップもリストストラップも使う目的は同じです。

 

握力で持てない、もしくは保持することができない重量のダンベルやバーベルを使ってトレーニングを行うときに握力を補助するアイテムとして使います。

 

例えば、以下のようなトレーニングで主に使用します。

 

・デッドリフト

・ベントオーバーロウイング

・懸垂

・ラットプルダウン

・ワンハンドダンベルロウイング

 

見ての通り、主に背中の種目で使うと非常に効果的です。

背中の筋トレって背中はまだオールアウトしていないのに、握力が先に限界を迎えるから背中をきちんと鍛えられないってことがありますよね。

 

特に高重量を扱うトレーニングをするときにこの現象が起こります。

 

素手では背中をオールアウトできないんですよね。

このときにパワーグリップやリストストラップを使えば握力は補助されるので、背中をがっつりオールアウトさせることができるんです。

 

僕自身、パワーグリップとリストストラップを使いだしてから背中トレ種目がものすごく充実するようになりました。

 

また、手が滑らなくなるという意味でも非常にありがたいアイテムです。

具体的な数字の話をするなら、

デッドリフト100kgが素手だと3回しか上げられなかったとします。

 

パワーグリップやリストストラップを付けると10回くらいあげられるようになります。

 

しかも、握力が補助されるのでしっかり背中に効かせながらの10回です。

 

筋トレ翌日の筋肉痛も素手の時は少し痛いなくらいだったのががっつり筋肉痛を感じられるので精神的にとても満たされる気分になります。

見た目、デザインを比較

パワーグリップ↓

僕が使っているパワーグリップです。

 

リストストラップ↓

僕が使っているリストストラップです。

 

見た目の違いは、

パワーグリップ…短くて太い。

リストストラップ…細くて長い

 

こういった感じです。

使い方を比較(パワーグリップの方が手軽で便利)

パワーグリップの使い方は以下の通り。↓

わかりやすい動画はこちら↓

リストストラップの使い方は以下の通り↓

わかりやすい動画はこちら↓

どちらも手首とバーベルに巻き付けてバーを持ちやすくしています。

 

パワーグリップ…巻く時間がかからないから手間がかからない

 

リストストラップ…ぐるぐると巻く時間がかかるから少し手間がかかる

 

手間や面倒くささを考えるとパワーグリップの方がお手軽で簡単です。

扱える重量を比較(リストストラップの方が高重量を扱える)

扱える重量は、

パワーグリップ…約180kgが限界

リストストラップ…250kgでも大丈夫

 

パワーグリップは180kgを超えたあたりからミシミシ言い出して不安になってきます。

 

リストストラップはバーベルにぐるぐると何度も巻き付ける分、より高重量を扱えます。

 

なので、扱える重量ならリストストラップの方が重い重量を扱えます。

 

僕の場合は扱う重量によってパワーグリップとリストストラップを使い分けています。

パワーグリップを使うべき人とリストストラップを使うべき人の違い

簡単で使いやすいため、パワーグリップの方が人気度は高いですね。

 

そこまで高重量(180kg前後)を扱わない人はパワーグリップで十分です。

 

しかし、リストストラップの方が高重量を扱えるため、デッドリフトなどで180kg以上を扱う人はリストストラップも使った方がいいでしょう。

種目によってアイテムを使い分けるのもあり

僕の場合は懸垂やラットプルダウン、ダンベルを使った背中トレはそこまで高重量を扱うことはないのでパワーグリップを使っています。

 

デッドリフトなどのバーベル系の種目は高重量を扱うのでリストストラップを使っています。

 

種目によって使い分けるのもいいと思います。

おすすめのパワーグリップとリストストラップ

僕が使っているパワーグリップとリストストラップは丈夫で使いやすいわりに値段も安いのでコスパが非常に高いです。

 

パワーグリップは重量さえ気にしておけばミシミシいうことなく、問題なく便利に使えます。

 

リストストラップは高重量の時だけ使うようにすれば、リストストラップのデメリットである「手間がかかる」のを克服できます。

 

king2ring(パワーグリップ)↓

 
  
king2ring ウェイトリフティング グローブ リストラップ パワーグリップ pk650


  ゴールドジムリストストラップ↓
 GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500


 ・丈夫さ

・使い心地

・値段

・コスパ

・口コミ

 

総合的に考えて、パワーグリップとリストストラップに関してはこの2つを選んでおけば間違いありません。

まとめ

・パワーグリップは手軽で使いやすいが、リストストラップはやや手間がかかる

・リストストラップは250kg以上の重量を扱えるが、パワーグリップは180kgを超えてくるとミシミシいう

・180kgを超える重量を扱う人はリストストラップをパワーグリップの併用がおすすめ、180kgを超える重量を扱わない人はパワーグリップのみがおすすめ

・おすすめのパワーグリップはking2ring

・おすすめのリストストラップは GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

 

背中の広がりと厚みをつけるトレーニング種目はこちら

背中の広がりと厚みをつけるトレーニング種目!僧帽筋と広背筋の両方に効かす

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2018/05/22

 - 筋トレ効果を高めるコツ