<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

お酒(アルコール)の筋トレ(筋肉)への害悪が恐ろしすぎる理由

お酒好きにとって禁酒することはなかなかつらいですよね。

 

しかし、お酒は筋肉にあまりよくないということを聞いたことがある人も多いかと思います。

筋トレ アルコール

結論から言うとアルコールが及ぼす筋肉への悪影響は非常に多いです。

 

筋トレした日くらいは極力控えてほしいと思います。

 

その理由を話していきますね。

スポンサーリンク

アルコールが及ぼす筋肉への悪影響(デメリット)

あなたが本気で筋トレをしているならアルコールは極力控えた方がいいです。

 

アルコールの筋肉へのダメージは大きすぎるからです。

筋肉に必要なタンパク質を消費してしまう

アルコールを摂取すると筋肉を合成させるためのたんぱく質がアルコールの分解に消費されます。

 

 

なので、せっかくプロテインや食事でたんぱく質を摂取しても筋肉を合成する効果は落ちてしまうのです。

 

例えば、こんな1日を過ごしたとします。

 

筋トレ→プロテイン→飲酒×食事

筋トレ→プロテインまでは問題ありません。

 

問題は飲酒×食事です。

飲酒をするとアルコールを分解するために多くのタンパク質が使われます。

 

本来、筋肥大に使われるはずのタンパク質がアルコールを分解されるために使われるため、その分筋肥大が起こりにくくなるのです。

 

つまり、せっかくの筋トレの効果が薄れてしまうのです。

タンパク質以外にも多くの栄養素が失われる

タンパク質以外にもアルコールによって多くの栄養素が失われてしまいます。

 

・ビタミンA

・ビタミンB

・ビタミンC

・ビタミンD

・ビタミンE

・葉酸

・ビオチン

・カリウム

・ナトリウム

・クロール

・亜鉛

・カルシウム

・マグネシウム

 

お酒を飲んだ次の日って肌が荒れたり、ニキビができたり、頭が痛くなったり、お腹が痛くなったりしますよね。

 

本来体の回復に使われるはずの栄養素がアルコールの分解に使われてしまうからその分弊害が起こってしまうのです。

特にトレーニーにとっては亜鉛不足は深刻です。

 

筋肉に必要不可欠な亜鉛までアルコールは持っていってしまうのです。

筋トレマンの亜鉛不足はやばい?おすすめの亜鉛サプリ、効果と摂取量、タイミングは?

モテフェロモン(テストステロン)が抑制される

テストステロンは男性ホルモンの一種で別名モテフェロモンと呼ばれるほど男性に必要な成長ホルモンです。

 

テストステロンの効果効能はこちら。

 

・性欲が増強される

・筋肥大効果が高まる

・女性にモテる

・あらゆるやる気が高まる

・新陳代謝が高まる

・健康になる

・ポジティブになる

 

くわしくはコチラ↓

すべての男性が筋トレを始めるべき理由とメリット7選

 

筋トレによってテストステロン値は高まるのですが、お酒を飲むとテストステロン値は下がってしまうのです。

 

では、お酒をどれだけ飲めばテストステロン値は下がるのか。

Jakob and Williamの2006年の研究では、体重1kgあたり1g以下のアルコール量ならテストステロン値に変化はなかったそうです。

 

しかし、アルコール量が体重1kgあたり1gを超えてからテストステロン値が低下しだしたようです。

 

つまり、体重60kgの人なら60gのアルコール量。体重70kgの人なら70gのアルコール量を超えるとテストステロン値が低下してしまいます。

 

どのお酒にどれだけのアルコールが入っているかはコチラ

ビール(1缶355ml)…14g

ウイスキーダブル(60ml)…19g

ブランデーダブル(60ml)…19g

ワイン1杯(120ml)…11g

焼酎1合(180ml)…36g

 

体重70kgの人なら、ビールなら5缶まで大丈夫ですが、焼酎だと2合でアウトですね。

 

デートの時も気を付けたいものです。

プロテイン効果を減少させる

筋トレ後にプロテインに加えてアルコールを摂取した場合と筋トレ後にプロテインだけを摂取した場合とを比べると、プロテイン+アルコールを摂取した方は24%筋肉の合成を妨げることがオーストラリアの研究者たちの実験によってわかっているのです。

筋トレ後のアルコールは特に控えた方がよさそうです。

筋トレ×飲酒は肝臓に二倍のダメージを与えてしまう

筋トレをした後に飲酒をするのも非常に危険です。

 

筋トレをした後の肝臓というのは筋肉を修復させるために忙しく働いています。

 

その上に、飲酒をするとアルコールを分解しようとより一層肝臓を働かせることになってしまいます。

 

結果、肝臓の負担がかなり大きくなってしまうのです。

筋トレ 肝臓

そして、もう一つ知っておいてほしいことがあります。

 

それはプロテインも肝臓に負担をかけるということ。

 

僕の筋トレ仲間でプロテインの量がやたら多い仲間がいるのですが、ついこないだ会社の健康診断で肝臓が引っかかったと言っていました。

 

プロテインの摂りすぎも肝臓に負担をかけます。

 

筋トレをしてプロテインを摂取してアルコールも摂取していたら肝臓に3倍負担がかかってしまうのです。

 

肝臓をいたわるという意味でも筋トレする人は極力お酒は控えた方がいいということです。

アルコールの筋肉の影響(何杯までなら飲んでもいい?)

テストステロン値は体重1kgあたり1gまでなら飲んでも低下しないということでした。

 

しかし、筋肉への影響は体重1kgあたり0.5gから出だします。

 

体重70kgの人なら35g以上のアルコールは摂取すべきでないということ。

 

もう一度、各お酒のアルコール量を載せておきますね。

ビール(1缶355ml)…14g

ウイスキーダブル(60ml)…19g

ブランデーダブル(60ml)…19g

ワイン1杯(120ml)…11g

焼酎1合(180ml)…36g

 

ビールなら3缶でアウト、焼酎なら1合でアウトです。

当たり前ですが、お酒を飲みながら筋トレなんてもってのほかです。

 

トレーニング中は血の巡りがいいのでお酒が回りやすいし、酔いやすいです。

 

酔いながらの筋トレはけがの元ですし、何より十分な筋肥大効果が得られません。

 

絶対にやめましょう。

お酒を飲んだ次の日の筋トレなら問題ありませんが、完全にお酒が抜け切ってからにしてください。

 

 

まとめ

・アルコールは筋肉に必要なタンパク質を消費してしまう

・アルコールはテストステロンを減少させてしまう

・アルコールは肝臓に負担をかけてしまう

・筋肉を最優先するなら禁酒が理想的

 

どうしてもお酒を飲みたい人は筋トレ日は避けて少量の飲酒を心がけましょう。

 

筋トレ効果を最大限に高める方法はこちら

POF法とIGF-1とは?筋トレ効率を最大限に高めるトレーニング法?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2018/05/22

 - 筋トレ効果を高めるコツ