<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

筋トレする人が知らないとやばい筋肉の知識

今回は筋トレをする人が知らないとやばい筋肉の知識をずらーっと挙げていきます。

知らないとやばい知識であるにもかかわらず、意外と筋トレを長年続けている人でも知らなかったということもあるので、怖いものです。

筋トレ 知識

これを知らないだけで筋トレ効果が50%以上落ちてしまうという知識やコツも伝授するので、血眼で読み進めてほしいと思います。

筋トレする人が知らないとやばい筋肉の知識10選

今回紹介する知識は知っているだけで知らない人に必ず勝てるようになる筋肉の知識なので、しっかり覚えて実践に生かしてほしいと思います。知識は命です。

脚の筋力は衰えやすい

3週間人を寝たきりにした実験では腕の筋肉はほとんど変わらなかったが、脚の筋力は15%も落ちたのです。

ちなみに、たった1日休ませるだけで足の筋力は0.5%も衰えるのです。

腕の筋力は運動不足を続けたとしても、衰えにくいのですが、足の筋肉はすぐに衰えてしまうのです。

だからこそ下半身の筋トレはできる限りさぼらずやり続けるべきなのです。

下半身の筋トレは絶対にやらなければならない証拠画像と正しい鍛え方

こちらは下半身の筋トレをせずに、上半身の筋トレだけをやり続けるとどんなに恐ろしいことが起こるかがわかる記事です。

絶対に読んでおいてほしい記事ですね。

いかに下半身トレが大事かがわかってもらえると思います。上半身だけマッチョ、下半身はガリガリというバランスの悪い体はダサいです。気を付けましょう。

スポンサーリンク

鍛えている部位を意識すること

鍛えている筋肉に意識を集中させることで、その部分の筋肉が集中的に動いてくれるようなって、トレーニング効果を更にアップさせることができます。

いつも言っている「鍛えている部位を意識しながら筋トレしてほしい」というのはこういうことなのです。

意識するのとしないのでは1か月後の筋肉量に大きな差が出てしまいます。

トレーニング

野球の素振りと同じですね。

イチローと小学校のころから同じチームで同じ練習メニューで練習していたチームメイトがいます。

彼とイチローの練習量はさほど変わらなかったと語っていました。では、何が実力に差をつけたのか。これは意識の違いです。

素振り一つでも頭の中でどれだけ明確にイメージができるか。

どれだけ考えて素振りをするかで素振りの意味が変わってきます。

プロにもなれない平凡な選手で終わるか、日本一の選手になるか。

意識の効果はこれくらい違いが出るということです。

絶対に息を止めてはいけない

トレーニング中、たとえば自分が持ち上げられるMAXの重量を上げようとするときに、息を止めて力んでしまう人は多いでしょう。

もちろん僕自身、経験があるのですが、これは非常に危険なやり方なのです。

息を止めて力むと血圧が急激に上昇して非常に危険です。

場合によっては倒れてしまうことすらあり得ます。

ウェイトを持ち上げる時にゆっくりと息を吐き出し、ウェイトを下す時に息を吸うようにするのがベストです。

呼吸法だけでスクワットの筋トレ効果が高まる?正しいやり方を紹介!

上記の記事で筋トレ時の正しい呼吸法、MAX記録を更新するための呼吸法を伝授しています。

呼吸は本当に大事。

毎日毎秒する呼吸にこだわれない人は負けます。呼吸には特に気を使いましょう。

筋トレする人の睡眠時間

筋トレしている人の睡眠時間は最低6時間、強度の高いトレーニングを行うなら8時間は必要だといわれています。

これは単純に体の疲労のこともありますが、筋トレは内臓も疲労させるのです。

筋肉のダメージを修復させるために内臓も働いてくれるのです。

筋トレ 睡眠

なので、筋トレしない人よりも多くの睡眠をとる必要があるのです。

ただもともとショートスリーパーの人もいれば、ロングスリーパーの人もいるため、あくまでも目安として考えましょう。

筋トレをすると睡眠時間は減る?増える?最低8時間は必要?

詳しくはこちらの記事で伝授しています。

バーベルは下げるときが大事

バーベルを使ったトレーニングでは上げるときよりも下げるときが大事なのです。

というのも、ある実験でダンベルやバーベルを下ろすトレーニングの方が、上げるトレーニングよりもトレーニング後に筋断面や筋力が増える割合が大きいことがわかっているのです。

バーベル

具体的に言うと、重りを持ち上げる時より下ろす時のほうが1.3倍ほど筋力を使うから。

ジムに行くとバーベルをおろすときに力を抜いて重力に任せてストンとおろしている人がたくさんいますが、これはNG行為です。

下ろすときこそゆっくりと筋肉を意識しておろすべきなのです。

トレーニングを行う時間帯

トレーニングは、夕方4時から8時くらいに行うと効果的です。

この時間は交感神経が活性でトレーニングの質が高まるとされています。

しかし、他の時間でも効果がないわけではなので、頭の片隅に入れておくくらいでいいでしょう。

筋トレするなら朝と夜どっちがいい?両方?分けるべき?効果の比較は?

詳しくはこちらの記事で伝授しています。

男性ホルモンが高い人は仕事ができる

筋肉質な男性ほど仕事ができるというのは本当で、筋トレによって男性ホルモン値が増え、そのおかげで仕事もばりばりこなせるようになるということが考えられています。

また、男性ホルモン(テストステロン)の値が高くなると、女性にモテるようになり、集中力が増したり、免疫力が高くなったりと多くのメリットがあります。

すべての男性が筋トレを始めるべき理由とメリット7選

テストステロン(モテホルモン)の効果や高め方はこちらの記事に書いているので、興味ある方は見ておくといいでしょう。

筋トレにアルコールは大敵

筋トレにアルコールは大敵です。

肝臓はアルコールを分解するのに多くのタンパク質やビタミンを消費するので筋肉の修復に必要な栄養が不足してしまいまうのです。

お酒が好きな人にとっては聞きたくなかったことかもしれませんが、せめて筋トレした日くらいはお酒は控えるといいでしょう。

筋トレする人がアルコールを摂取すると体への影響は?筋肉を分解してしまう?

詳しくはこちらの記事で伝授しています。

肩幅が広くならないという悩みについて

三角筋は発達しているのに肩幅が狭い人がいます。

その場合、広背筋を鍛えることで三角筋が高く持ち上がり肩幅を広く見せることができます。

三角筋のトレーニングをしっかりして三角筋もついてきたのに、肩幅が広くならない人は広背筋を鍛えることをおすすめします。

広背筋の正しい鍛え方!自宅で自重、ジムでバーベル、ダンベルで徹底的に効かせる

広背筋の正しい鍛え方についてはこちらの記事で伝授しています。

アルギニン

アルギニンは筋肉のタンパク質の合成を高める働きがあり、トレーニングの翌日に疲れが残らないようにしてくれます。

また、筋トレをさびってしまう日が続いてしまっても、アルギニンを飲んでおけば、筋肉の分解を防いでくれるので、筋肉の衰えを最小限に抑えてくれます。

僕がいつも飲んでいるアルギニンはこちらです。

睡眠不足の時もアルギニンを飲めばシャキッとできますし、性欲も驚くほどかなり上がります。

パワーの万能薬と言っていいと思います。

アルギニンに関して詳しく知りたい方はこちらを読んでおきましょう。

L-アルギニンサプリメントを飲むと筋トレ効果は倍増するの?

まとめ

筋肉に関しては勉強すればするほど知らないことがどんどん出てきます。

効率よく効果的に筋肥大をさせるには勉強し続ける必要があります。筋トレと同様に日々の勉強も怠らないでくださいね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2017/09/19

 - 筋トレ効果を高めるコツ