<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

筋肉痛中の筋トレはしていいのか?効果は?超回復にならない?

筋トレ業界には筋肉痛中に筋トレをしても意味はないという意見もあれば、効果があるという意見もあります。

 

しかし、理論上だけで考えれば、超回復の原理に背いているので筋肉痛中の筋トレはしてはいけないということになります。

筋肉痛 筋トレ

結局、筋肉痛中の筋トレはしていいのかどうか解説していきますね。

スポンサーリンク

筋肉痛中の筋トレについて

まず、筋肉痛中の筋トレをしたがるのは筋トレ初心者で筋トレ上級者は筋肉痛中の筋トレはしないという傾向にあります。

超回復の原理

ご存知かとは思いますが、超回復の原理について軽く説明しておきます。

 

超回復の原理とはトレーニング後に約2,3日(48時間から72時間)の休養(筋肉痛がなくなるまで)をすると、筋肉がトレーニング前よりも大きくなる現象のことです。

 

詳しくは下記記事で解説しています。

超回復の原理

 

筋トレ後に十分な休養をすることによって筋肉が筋トレ前よりも発達するという原理。

 

つまり、超回復の原理の考え方で言うならば、筋トレ後の筋肉痛が残っている間は筋トレはすべきでないということ。

十分な休養を取らずに筋トレをすると…

では、筋トレ後に48時間から72時間の休養を取らず、筋肉痛が残っている間にトレーニングをするとどうなるのでしょうか?

 

筋トレをすると筋肉が破壊されます。これが修復される過程で筋肥大は起こります。

 

休養をしないということは筋肉の修復が行われないということ。

オーバートレーニング

つまり、オーバートレーニング状態なので筋肉は発達するどころか逆に小さく細くなってしまうのです。

 

こういう理由で超回復の原理を考えると筋肉痛中の筋トレはしてはいけないと言われているのです。

48時間から72時間を過ぎても筋肉痛が残っている場合は?

では、超回復の原理で言われている48時間から72時間以上の休養をしたが、それでも筋肉痛が残っている場合も時にはありますよね。

 

そういう場合も筋トレはお勧めしていません。

筋肉痛になっている部位が筋膜付近(筋肉のみ)なら問題ない場合もあるのですが、筋肉痛があるということは体や間接など筋肉以外の部位もダメージが残っている可能性があるのです。

 

そうなると筋トレをしても最高のパフォーマンスを発揮できない上にケガをするリスクも高まってしまうのです。

 

長期的に見ればケガをすることが一番よくないですからね。

筋肉痛中に筋トレをしてはいけない理由

筋肉痛中に筋トレをしてはいけない一番の理由は今話した超回復の原理によるものです。

 

筋肉を大きくさせたいのに、オーバートレーニングで逆に筋肉が小さくなってしまえば、何のための筋トレかわかりませんよね。

 

筋肉痛中に筋トレをしてはいけない理由は他にもあります。

 

1.ケガのリスクが高まる

筋肉痛中は筋肉痛の部分を自然と体がかばう動きをします。

 

そういう状態でトレーニングをするとケガをしやすくなってしまうのです。

筋肉痛が残っている間の筋トレは本当にケガをしやすいです。

 

僕がベンチプレスで首を痛めた時も筋肉痛中のトレーニングでした

尻上げベンチプレスは危険?首を痛める?筋トレで首を痛めた時の対処法は?

 

2.筋トレが嫌いになってしまう

筋肉痛の時は本来その部分を動かすべきではないという体からの信号です。

 

それを無理やり動かすわけですから体に大きなストレスがかかります。

 

これがきっかけで筋トレが嫌いになり、筋トレを辞めてしまうことになりかねません。

筋肉痛中に筋トレをしない方法

筋肉痛中に筋トレをしたくなる人には共通点があります。

 

それは毎日1時間は筋トレをするといった具合に筋トレタイムを決めてしまっている人です。

 

毎日全身の筋トレをしたりする初心者に多いですね。

 

こういう人におすすめの方法があります。

 

鍛える部位を日によって変えるという方法です。

鍛え方

月曜…胸、上腕二頭筋

火曜…背中、上腕三頭筋

水曜…脚、肩

木曜…胸、僧帽筋

金曜…背中、前腕

土曜…脚、大殿筋

日曜…腹筋

 

こういう具合に鍛える部位を日によって変えれば、全身を鍛えることができる上に、毎日筋トレをしたとしても筋肉痛の部位はトレーニングしなくて済むのです。

毎日の筋トレはおすすめしない理由

そうはいっても、毎日筋トレをすることはお勧めできません。

 

鍛える部位を変えるといっても、腕などはほぼすべての種目で使うので完全にすべての部位を休ませることができません。

 

毎日の筋トレは僕もしていた時期がありますが、想像以上にしんどくてやめてしまいました。

下手すると筋トレ自体をやめてしまう可能性もあります。

 

また、筋トレをすると脳や内臓、神経も疲労します。

 

脳、内蔵、神経の疲れをとるという意味でも毎日の筋トレはお勧めできません。

どうしても筋肉痛のときに筋トレをしたい場合

とはいってもどうしても筋肉痛の時でも筋トレがしたいという時もありますよね。

 

今日行かないとジムが長期休みに入ってしまうという時や予定の都合で当分ジムに行けなくなるという時なんかは筋肉痛でも筋トレがしたくなるでしょう。

 

そういう場合は軽い重量のトレーニング、もしくは自重トレを行うといいでしょう。

軽い重量でのトレーニングや自重トレであれば関節や人体へのダメージも少ないですし、多少炎症が残っていても怪我はしづらいです。

 

なので、筋肉痛中の筋トレは基本的にはお勧めできませんが、軽い重量でのトレーニングや自重トレなら多少は問題ないといっていいでしょう。

まとめ

・筋肉痛は筋肉が回復している最中に生じる

・筋肉痛が行っていなくても筋肉に刺激をしっかり与えていれば筋肥大は起こる

・筋肉痛中の筋トレは絶対にしてはいけない

・鍛える部位を変えれば毎日筋トレをしても問題ない

 

筋トレにおけるオールアウト不要論に関してはこちら

筋トレにおいてオールアウトは本当は必要ないの?初心者には不要?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2018/05/22

 - 筋トレ効果を高めるコツ