<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

筋トレをすると血圧が上がる?下がる?頭痛が起こる?改善方法は?

高血圧の人にとっては筋トレは危険だと考えられます。

 

どうしてもトレーニング中は血圧はあがってしまいますからね。

筋トレ 高血圧

しかし、筋トレは平常時の血圧を正常値に戻す効果があります。

 

では、高血圧の人、低血圧の人は筋トレをすべきなのか、してはいけないでしょうか。

スポンサーリンク

筋トレ中は血圧が上がる?

結論から言うと筋トレ中は血圧が上がります。

 

これはどうしようもない事実です。

 

普段から高血圧だろうが、低血圧だろうが、間違いなく血圧はあがります。

パワーリフト系の種目は特に血圧が上がる

特にベンチプレスやデッドリフト、スクワットといったBIG3を中心とする高重量を扱う種目はどうしても血圧が上がってしまいます。

 

BIG3だけではありません。

ほとんどの筋トレには息を止めてぐっと力を入れる瞬間があります。

 

この作業が血圧を上昇させるのです。

高血圧の人は筋トレはNG?

高血圧の人には筋トレはお勧めできません。

 

息を止めてぐっと力を入れる時に血管が圧迫されて大きな圧力がかかります。

 

そもそも高血圧であるということは欠陥に柔軟性がなく、固まってしまっています。

 

いわゆる動脈硬化ですね。

この状態の人が筋トレをして一気に欠陥を圧迫すると命にかかわる事態になりかねません。

 

高血圧の人には筋トレはお勧めできません。

 

どこの病院で聞いても筋トレは止めてくださいと言われるでしょう。

高血圧の人はどうすればいい?

高血圧の人はまずは軽い運動やジョギングから始めましょう。

 

そして何よりも食習慣の見直しが必要です。

 

適度な運動、つまり有酸素運動を行いながら食習慣を改めていき、血圧を正常値に戻してから筋トレを始めるといいでしょう。

血圧がやや高めの人は?

高血圧とは言わないまでも、血圧がやや高めな人は不安を感じられるかもしれません。

 

こういう人は高血圧の人と同様に、有酸素運動と食事の見直しはもちろんですが、筋トレを行う場合は息を止めなくていい程度の7割から8割程度のパワーを出すくらいの気持ちで行いましょう。

そして、意識するのは息を止めないこと。

 

常に深く呼吸をしながらのトレーニングを心がけてください。

 

もちろんその分、筋肥大効果は落ちてしまいますが、何より大事なのは健康です。

 

健康は呼吸からです。呼吸法は筋トレ関係なく学んでほしい分野ですね。

呼吸法だけでスクワットの筋トレ効果が高まる?正しいやり方を紹介!

筋トレは安静時の血圧も上げてしまう?

筋トレをするともともと高血圧でなかったのに、血圧が上がり高血圧になるということは全くありません。

 

確かに筋トレ中の血圧はあがります。

 

しかし、むしろ筋トレをすることで平常時の血圧は下げることができるのです。

筋トレは血圧を下げる?

結論から言うと筋トレには血圧を下げる効果があります。

筋トレをすると安静時の血圧は下がる?

筋トレ中は血圧はあがります。

 

しかし、筋トレを続けることで安静時の血圧は下がることが証明されているのです。

 

筋トレをして筋肉量が増えると血流がよくなります。

これは体の血流も脳の血流も同様に筋肉が血管を拡張してくれるからです。

 

結果として安静時の血圧は下がるのです。

 

これには大きな健康効果があるのです。

安静時の血圧が正常になると…

血圧が正常値になると自覚症状だけでも以下のようなメリットがあります。

 

・頭痛、肩こり解消

・イライラしなくなる

・ホルモンバランスも正常化する

・老けにくくなる

・太りにくくなる

低血圧の人は筋トレをすべき?

低血圧の人は基本的に貧血状態です。血の巡りが悪く、貧血状態だから低血圧なのです。

 

そんな低血圧の人にも筋トレは有効です。

 

筋肉、特に足の筋肉を鍛えることで血の巡りが一気によくなります。

 

下半身の筋肉を鍛えたいならこちら。

バーベルスクワットで翌日筋肉痛になるほどの効果を出す正しいやり方、フォームを伝授

 

結果として血圧を正常な値に戻してくれるのです。

 

筋トレをして貧血やめまい、冷え性が治ったという人は低血圧が治ったからだというパターンが非常に多いのです。

筋トレ時、筋トレ終わりの頭痛

筋トレ時、または筋トレ終わりに頭痛になったことはあるでしょうか?僕は何度かあります。

筋トレによる頭痛の原因

もちろん人によっていろんな原因が考えられますが、一番多い原因が酸欠と血圧の上昇です。

 

筋トレでは力を入れる際に踏ん張ったり、力んだりする瞬間は呼吸を止めていますよね。

 

この呼吸を止める時間が長ければ長いほど酸素欠乏状態、高血圧状態になりやすいのです。

筋トレ 低血圧

僕自身、筋トレ初心者の頃はよく頭痛を経験していました。今でも気を抜くと頭痛が起こってしまいます。

 

トレーニングによって脳が酸素を必要としているのに、息を止めているのですから酸欠になりやすい状態なのです。

 

また、血圧が上がると頭痛が起こりやすくなります。

筋トレによる頭痛の解決策

1.極力息を止めない

酸欠による頭痛の改善方法は意識して極力息を止めずにトレーニングをすることです。

 

これを意識すれば、頭痛になりにくくなります。

 

力を入れている最中はどうしても息を止めてしまいますが、力を入れ終わったら大げさなくらい深呼吸をするようにすることをおすすめします。

 

2.正しい呼吸法を取り入れる

筋トレの正しい呼吸法とは…

 

「ベンチプレスの場合」

1.まずは息を普通に吸って吐く

2.バーベルをおろしながら息を吸う

3.バーベルを上げながら息を吐く

 

基本的には力を入れるときに息を吐きます。

 

息を吐くことで腹圧が高まるので自然と力の入ったトレーニングができるのです。

また、この呼吸法なら酸素を十分に身体に取り入れながらトレーニングができるので過度な血圧の上昇を防げます。

 

MAX記録を狙う場合の呼吸法はコチラ

呼吸法だけでスクワットの筋トレ効果が高まる?正しいやり方を紹介!

 

3.水分を十分にとる

内々の水分量が減ると血液の循環が滞り、脳に血液が届きにくくなります。

 

これが原因で頭痛がすることも多いのです。

 

水分をしっかりと摂ることで血圧の上昇、頭痛を防ぐことができます。

とにかく血圧を正常値に戻したいなら…

とにかく血圧を正常値に戻したい人に最もお勧めできるのがスピルリナです。

スピルリナはスーパーフードとも呼ばれるほど健康面に関して万能な役割をしてくれます。

 

筋トレにスピルリナが効果的?プロテイン代わりに良質なタンパク質を摂れる?

僕自身、毎日飲んでいます。上記の記事で書いた通り、プロテイン代わりにはなりませんが、それでも健康面を完全にサポートしてくれるので重宝しています。

 

スピルリナの血圧に関する効果、口コミについてはこちらのサイトでわかりやすく書かれています。

 

スピルリナには高血圧、低血圧を解消する効能がある?

 

こちらのサイトで血圧以外の効果、効能についても詳しく知ることができますよ。

 

本当にスピルリナは万能薬と言っていいと思います。

個人的にはスピルリナのおかげでニキビがなくなり肌がきれいになったのが本当にうれしい効果です。

便通改善によって腸内環境がきれいになるので、花粉症などのアレルギー症状も緩和されました。

 

なにより、スピルリナを飲んでると筋トレしてても風邪をひかなくなるんです。

筋トレ直後はガッツリ免疫力が下がるのでトレーニーにはよく風邪をひく人が多いのです。

筋トレ後は免疫力が低下して風邪をひきやすくなる?スピルリナが必要不可欠?

 

僕自身、体脂肪が低くなった時は特に風邪をひきまくっていたのですが、スピルリナの身体をアルカリ性に寄せる効果のおかげで風邪をひくことはほとんどなくなりました。

(アルカリ性の中ではウイルスは生きることができない)

最もお勧めできるスピルリナサプリはこちら。

大注目スピルリナの無添加サプリ/初回1袋分が無料!

 

(現在初回1袋分無料、手数料、送料無料キャンペーン中)

トレーニーだけに関わらず、全日本人が飲むべきサプリだと思います。

まとめ

・筋トレをすると血圧は上がる

・高血圧の人は筋トレはNG

・高血圧の人は有酸素運動や軽めの運動から始めるべき

・筋トレ時、筋トレ終わりの頭痛は酸欠が原因であることが多い

・血圧を正常値に戻したいならスピルリナ

 

筋トレ(筋肉)にスピルリナが最適な理由はこちら

筋トレにスピルリナが効果的?プロテイン代わりに良質なタンパク質を摂れる?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2018/05/22

 - 筋トレ初心者