<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

筋トレ後は免疫力が低下して風邪をひきやすくなる?グルタミンが必要不可欠?

筋トレをすると風邪をひきやすくなるだとか、免疫が強くなるだとか低下するだとかいろんな意見を聞きますよね。

厳密にいうと筋トレ直後は一時的に免疫力が大きく下がります。

しかし、筋トレを続けていると普段の免疫力は上がります。

矛盾しているように感じるかもしれませんが、詳しく説明していきますね。

筋トレと風邪、免疫力の関係性

筋トレをしている人は体だけでなく、内蔵も強くなっていき、普通の人よりも免疫力は高いです。

しかし、筋トレ直後は一時的に免疫力が弱まるのです。

激しい筋トレ直後は風邪をひきやすくなる

せっかく筋トレをして筋肉をつけていこうと思っているのに、風邪をひいてしまっては意味がありません。

しかし、激しい筋トレをすると風邪をひきやすくなるということもよく聞きますよね。

これには2つの原因があります。

スポンサーリンク

1.グルタミン不足

ハードな筋トレをすると当然、体には疲労はピークに達します。

こういう状態のときは体の免疫力が低下しています。

具体的に言うと、筋トレをするとグルタミンが大量に消費されます。

このグルタミンをエネルギー源とする免疫系の機能が低下するのです。

本来、備わっている免疫が筋肉の修復のために消費されるため足りなくなってしまうのです。

そのため、ウイルスに感染しやすくなったり、病気になりやすくなります。

なので、見た目とは裏腹にマッチョな人でも風邪をひくことはよくあるのです。

2.筋トレ直後に汗をふかずに体を冷やしてしまう

筋トレ直後は大量の汗をかきますよね。

これをそのまま放置すると冬場は特に体が冷えます。

筋トレによって体、内蔵も疲弊しているので筋トレ直後は特に風邪をひきやすいのです。

筋トレ グルタミン

体温が下がると免疫力も低くなってしまうのです。

対応策としては筋トレ後はすぐに汗を拭いて服を着て体を温めることです。

冬であれば貼るカイロなどを常備しておいてもいいくらい。

それくらい体を冷やすことは危険なのです。

風邪をひいている時に筋トレしてもいいの?

風邪の時はひきはじめであろうと、ひいている最中であろうと筋トレはしてはいけません。

「風邪のひき始めくらいはいいんじゃないか?」と思う人は多いですが、絶対にやめてください。

人間の体は風邪をひくとウイルスに対しての防御に体力のほとんどを使います。

そんな時に筋トレをしてしまうと筋トレで分解された筋肉を同化させる力はなくなってしまうのです。

つまり、筋肉は分解されたままでより細くなってしまうのです。

筋トレ 免疫力低下

さらに言うと風邪への防御と筋トレによって体力はどんどん奪われ、ウイルスに抵抗できなくなり、風邪を悪化させる可能性もアップします。

風邪時の筋トレは絶対にやめましょう。

治ってからも要注意。

自分が治ったと思っていてもウイルスは体に残っている場合があります。

なので、平熱に戻ってから3日は開けてから筋トレを再開するようにしましょう。

風邪が本当に治ったのかどうかわからない中途半端な時に筋トレを再開すると風邪をぶり返してしまう恐れがあります。

風邪のぶり返しは怖いですからね。

基本的にはこちらの動画でおっしゃっていることと同じ意見なのですが、食事に関しては違います。

風邪の時は食事の量は減らした方がいいです。

腸を休ませてあげることで腸内フローラを整えることで風邪の治りが早くなるのです。

きっちり調べてもらえればわかりますが、風邪の時はサプリメントでの栄養補給はありですが、たくさん食べることは逆効果なのです。

筋トレをすると免疫力がアップするのでは?

実際のところ、筋トレをすると免疫力はアップするのか、ダウンするのか。

筋トレを続けるとリンパ球が増える

筋トレで免疫力がアップするというのも正しいです。

というのも筋トレ後は一時的に免疫力が下がりますが、免疫力の数を増やしてくれるのです。

というのも、筋トレでリンパ球の数が増えるのです。

リンパ球はウイルスや細菌と戦ってくれる免疫細胞の一つで、グルタミンが放出することでリンパ球は活性化します。

筋トレをして供給されるグルタミンが増えることで、リンパ球が増えるのです。

筋トレ後は一時的に免疫力は低下しますが、普段の免疫力は高まるのです。

体温が上がる

現代人は低体温の人が増えているといわれています。

低体温とは平熱が36度以下の人のことです。

健康的な人の体温は平熱が36.5度~37.1度くらいです。

少し高いように見えますが、このくらいがちょうどいいのです。

体温が下がるということは血流が悪くなるので、免疫力が下がります。

これは免疫機能を持っている白血球の機能が低下するためです。

つまり、平熱を上げることが免疫力の上昇につながります。

一時的に体温を上げる方法はたくさんあります。

・お風呂に入る

・暖かい飲み物を飲む

・運動する

・寝るときに湯たんぽを使う

しかし、これらは一時的に体温を上げることにはなりますが、根本的な解決にはなりません。

では、平熱を上げるのに一番有効な方法は何かというと筋トレなのです。

筋肉がつくことで平熱は上げることができるのです。

筋トレする

筋肉がつく=熱を発生させる

体温が上がる(基礎代謝も上がる)

血行が良くなり血流も増える→免疫力上昇

こういうメカニズムなのです。

ちなみに、体温が1度上がるだけで免疫力が30%アップし、体温が1度下がるだけで免疫力が30%ダウンします。

結果的に筋トレ後は一時的には免疫力が低下しますが、長い目で見ると免疫力が高まっていくのです。

僕自身、筋トレを始める前の平熱は36度前後だったのですが、現在の平熱は36.5度前後になっています。

実際に筋トレを始める前は風邪には年に1度はひいていたのですが、最近ではグルタミンサプリを飲んでいるということもあり、ほとんどひかなくなりました。

グルタミンサプリメントが筋トレによる免疫力低下を防ぐ

筋トレによる免疫力低下を防ぐことで風邪の予防になります。

グルタミンは風邪を予防してくれる上に筋肥大まで促進してくれるのです。

僕はグルタミンを飲み始めてから風邪の時期に風邪をひかなくなり、筋肥大のスピードも少し上がったように感じます。

グルタミンサプリメントの効果

免疫力の低下はさきほど話したグルタミンの不足によって起こるので、グルタミンのサプリメントを摂取することで予防することができます。

グルタミンには免疫力向上のほかにも筋肉に多くのメリットがあります。

・筋肉の分解を防ぐ

・筋肥大を助ける(たんぱく質を合成するから)

・消化器官の回復

・乳酸による疲労蓄積や筋肉痛の軽減

・成長ホルモンのレベル向上

・脂肪燃焼量アップ

摂取すべきタイミング

プロテインと同様にグルタミンにも摂取すべきタイミングがあります

起床時、トレーニングの前後、就寝前です。

起床時は1日の最初にアミノ酸レベルを高めることができ、トレーニング前は筋肉の分解を抑え、トレーニング後は筋肉の修復を助け、就寝前は就寝中の筋肉分解を防ぎます。

最低でもトレーニング前後には摂取してほしいですね。

おすすめできるグルタミンサプリ

もっともおすすめできるグルタミンサプリはKentai(optimum)グルタミンパウダー300gです。

僕自身、愛用しているグルタミンで、飲み始めてからは2年間に1度しか風邪をひいていません。

 

アマゾンの評価も非常に高いです。

・風邪をひかなくなった

・ケガの直りが早くなった

・減量しやすくなった

・筋肉痛が少なくなった

こういった口コミが多いですね。↓

味は苦みもなく飲みやすいので、誰にでも続けやすいと思います。

なにより、高品質であるにもかかわらず、現在300gで2673円という安さです。

他の会社のグルタミンと比べてもこの安さは本当にありがたいですね。

ちなみに、大きいサイズはこちらです。↓

Kentai(optimum) グルタミンパウダー 600g

大きいサイズだと600gで4000円とよりお得です。

まとめ

・筋トレ後は一時的に免疫力が低下する

・風邪をひいている時は絶対に筋トレをしてはいけない

・筋トレをすると長期的には免疫力が向上する

・グルタミンサプリは筋トレによる免疫力の低下を抑制してくれる

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2017/09/19

 - プロテイン・サプリ