<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

プロテインを評価してみた。国産と外国産はどっちがおすすめ?

あなたは国産のプロテインと外国産のプロテインの違いについて明確に理解していますか?

なんとなく安全だからという理由で国産のプロテインを使っているのなら、はっきり言って損をしています。

プロテイン 国産 外国産

結論から言うと筋トレ中級者以上はほとんど外国産のプロテインを使っています。

もちろんこれには多くの理由があります。

国産のプロテインと外国産のプロテインの違い

もし、あなたがこれまで国産のプロテインしか飲んでこなかったとしたら、この記事を読めば、あなたも外国産のプロテインを飲んでみようという気になると思います。

メリット、デメリット、値段、コスパを考えると自然と海外のプロテインの方がいいなと思うはずです。

安心できるかどうか?

筋トレ初心者やプロテインをあまり購入したことがない人がよく抱く印象として、国産は値段は高いが、安心できる、外国産は値段は安いが、安心できない。

こういった見方をよくされていますが、これはほぼ間違いです。

確かに肉や野菜などの食材は国産の方が安心できるし、新鮮さもまるで違うので国産の方が安全です。

しかし、プロテインに関しては全く違う考え方をする必要があります。

筋肉

平均に見ると国産のプロテインは値段が比較的高く、外国産のプロテインは値段が比較的安いです。

国産のプロテインが安心できるという気持ちもわかります

しかし、外国産のプロテインというだけで安心できないというのは間違っていますし、こういう考え方をしているせいで外国産のプロテインを買わないというのは非常にもったいないことなのです。

スポンサーリンク

外国産のプロテインが安全な理由

日本で購入できる海外のプロテインというとほとんどはアメリカのプロテインです。

アメリカは食品や医薬品において世界トップレベルの安全基準を設けています。

海外のプロテインでおなかが痛くなる人は日本のプロテインを飲んでもおなかが痛くなります。

正しい量を守っていれば日本だろうとアメリカだろうと問題ありません。

下記の記事でプロテインを飲むとおなかが痛くなる原因と解決策を伝授しています。

プロテインを飲むと下痢や腹痛が起こる人にお勧めのプロテインは?~理由と解決策も伝授~

つまり、プロテインに関しては日本のモノもアメリカのモノも安全性においては同レベルだと考えていいということです。

事実、ボディビルダーやプロのアスリート、スポーツ選手の多くが外国産のプロテインを飲んでいます。

そして、ここでいう外国産というのは基本的にはアメリカ産という解釈でかまいません。

国産のプロテインと外国産のプロテインの具体的な違い

国産のプロテインは基本的に値段が高く、外国産のプロテインは基本的に値段が安いです。

もちろん理由があります。

アメリカは筋トレ大国で男性は10代の頃から体を鍛える習慣があります。

つまり、プロテインへの需要が日本と比べて10倍以上多いのです。

そうなると会社間の競争が増え、価格が安くなるのは当たり前の現象です。

結果、高品質であるにもかかわらず、値段は安いプロテインが多いのです。

ベンチプレス

逆に、なぜ国産のプロテインは高いのかというと、アメリカと比べるとプロテインへの需要が少ないため、高くても売れてしまうのです。

最近は需要も増えてきて、値段が安く品質の良い国産のプロテインも増えてはいましたが、アメリカと比べるとまだまだです。

国産プロテイン売れ筋ランク1位VS外国産プロテイン売れ筋ランク1位

それでは、国産のプロテイン売れ筋ランキング1位のものと外国産のプロテイン売れ筋ランキング1位のものを比べてみましょう。

栄養成分対決

僕が外国産のプロテインを推奨している一番の違いはタンパク質の量です。

現在、海外の売れ筋ランキング1位のチャンピオンピュアホエイスタックと現在、国産の売れ筋ランキング1位のザバスホエイプロテイン100のタンパク質の量を比べてみましょう。

チャンピオンピュアホエイスタック…22g

ザバスホエイプロテイン100…15g

7gの差は大きいです。

この7gの差は後の筋肉量の差につながってくるといってもいいでしょう。

他の栄養成分も見てみます。

チャンピオンピュアホエイスタックの主な栄養成分はこちら。

エネルギー…135kcal

脂質…2g

ナトリウム…155mg

炭水化物…6.5g

タンパク質…22g

ザバスホエイプロテイン100の主な栄養成分はこちら。

エネルギー…82kcal

脂質…1.2g

ナトリウム…36~69mg

炭水化物…2.9g

タンパク質…15g

タンパク質以外はさほど差はありません。

しかし、チャンピオンピュアホエイスタックには含まれていない細かいビタミンがザバスホエイプロテイン100には含まれています。

ただこのビタミンなどに関しては申し訳程度の量しか含まれていないのであまり意味がないと言っていいでしょう。

値段対決

チャンピオンピュアホエイスタックは現在2.2kgで6000円。1gあたり約2.7円です。

ザバスホエイプロテイン100は現在1050gで4020円です。1gあたり3.8円です。

いかに海外のプロテインが高品質であるにもかかわらず、低価格であるかということがわかってもらえたかと思います。

しかし、今回はたまたま差が歴然な組み合わせになりましたが、国産のプロテインでも安価で高品質なものもあります。

なので、一概に海外のプロテインのほうがいいとは思わないでくださいね。

ただ総合的に判断して外国産のチャンピオンピュアホエイスタックは最もお勧めできるプロテインだと言えるでしょう。

チョコレートブラウニー味

クッキークリーム味

売り切れている場合や他の味、サイズも見たい場合はこちら↓

チャンピオン ピュアホエイ

味対決

味に関しては僕自身、あらゆるプロテインを飲んできた結果、国産と外国産のものには大きな違いがあります。

国産…味が日本人向けで飲みやすい

外国産…味が濃い目で甘め

僕は甘党なので外国産のプロテインも苦にならないのですが、人によっては飲みにくいという人もいるかもしれません。

チャンピオンピュアホエイスタックとザバスホエイプロテイン100も同じです。

なので、味、飲みやすさを重視するなら国産を選んだほうがいいかもしれません。

 売り切れている場合や他の味、サイズも見たい場合はこちら↓

ザバス ホエイプロテイン

溶けやすさ対決

溶けやすさに関しては外国産も国産もいいものを選べば、溶けやすく、間違ったプロテインを選ぶと溶けにくいです。

ザバスとチャンピオンはどちらも問題なく溶けやすいですね。
チョコレートブラウニー味

クッキークリーム味

売り切れている場合や他の味、サイズも見たい場合はこちら↓

チャンピオン ピュアホエイ

まとめ

やはり総合的に判断すると外国産のプロテインを選んだほうがコストパフォーマンスがいいといえます。

よほどこだわりの国産プロテインがあるのであれば、それでいいのですが、迷っているのなら外国産のプロテインを選びましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2017/09/27

 - プロテイン・サプリ