<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

増量中の筋肥大にオススメの外国産プロテインランキング

増量中にしっかりと筋肉量を増やしておかないと増量した後の減量後には筋肉がほとんど残らずに筋トレした意味がほとんどないということになりかねません。

つまり、増量期のプロテイン選びは非常に重要です。僕の筋トレ人生で学んできた値段は極力抑えて効果は抜群だというプロテインを紹介しておきますね。

増量中の筋肥大に必要な考え方、基本

カロリーを多く摂取することが最優先である

増量中の筋肥大において最優先すべきことはカロリーを多く摂取することです。消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多ければ体重を増やすことができます。

もちろんタンパク質は多めに摂取して脂質は控えめに摂取したほうがいいのですが、そんなことは後回しでいいのです。

とにかく優先すべきことはカロリーを多く摂取すること。つまり、食べまくることです。

カロリー計算や栄養成分を考えることも大事ですが、それはプロテインがある程度補ってくれるので増量中の人はとにかくたくさんの量を食べることを最優先に考えましょう。

タンパク質を多く摂取する

これは二番目に優先してほしいことなのですが、日々の食事でタンパク質を多く摂取することを心がけてください。タンパク質こそが筋肥大を促進させます。

どれだけ激しいトレーニングができたとしてもタンパク質を摂取しなければ筋肉は大きくなりません。何を食べるかで迷った時はタンパク質を多く摂取できる方を選びましょう。

スポンサーリンク

炭水化物を多く摂取する

これも当たり前なのですが、タンパク質の次に優先すべき栄養素は炭水化物です。脂肪をため込んでしまうと言われていますが、炭水化物も筋肉の発達には欠かせません。

減量中はなるべく摂取しないほうがいいのですが、増量中はたくさん摂取してください。気を付けてほしいことは極力炭水化物はタンパク質と一緒に摂ること。

たんぱく質

炭水化物はたんぱく質を体に吸収させる効果があります。つまり、タンパク質を筋肉にする効果があるのです。

逆に、炭水化物を脂質と一緒に摂ると脂肪を溜めこむことになります。増量期とはいえ脂肪を溜めこみすぎるのは控えましょう。

増量中の筋肥大で絶対にやってはいけないこと

ネット上などで「2か月で体重を10kg増やす方法」みたいなキャッチコピーはよく見かけますよね。これは非常に難しく、できたとしてもやらないほうが良いです。

短期間で急激に体重を上げることは体のあらゆる部分に異変が生じる可能性が高く健康を害する可能性が高いです。

それに加えて短期間での急激な体重増加は脂肪を過剰にためることになります。例えば筋トレのプロといってもいいボディビルダーの方であっても1年間でつく筋肉の量はせいぜい数kgです。

つまり、素人が2か月で10kgの体重を増やすとなればそのほとんどが脂肪として増えることになり、見た目は当然かっこいいとは言えないものになります。

確かにどれだけうまく増量できたとしても脂肪はついてしまいますが、筋トレ業界の増量というのはあくまでも脂肪の増加はなるべく抑えて筋肉量を増やすという増量が理想です。

ここを目指すためにも急激な増量はやめてください。

オススメプロテインランキング

それでは、増量中の筋肥大のためのおすすめプロテインランキングを紹介していきますね。

1位 チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン チョコレート 2.27Kg

1位は間違いなくチャンピオンのピュアホエイスタックです。

海外のプロテインメーカーの売り上げランキングでも常に1位か2位を保持している信用度抜群のプロテインで、増量中の筋肥大にはうってつけのプロテインです。

僕自身、増量中にはほとんどこれを利用しています。値段も現在2.18kgで6050円と海外のプロテインだけあってかなりお得です。メインとなる栄養成分も表示しておきますね。

1食分(34g)当たりの栄養成分

・エネルギー…135kcal

・タンパク質…22g

・脂質…2g

・炭水化物…6g

・ナトリウム…100mg

・カリウム…210mg

・コレステロール…65mg

プロテインというとまず見るべきはタンパク質ですが、これは22gなので十分といっていいでしょう。

次に脂質も2gとしっかり押さえられています。その他の細かい栄養成分も問題なく配合されています。

スポンサーリンク

チャンピオンピュアホエイスタックのデメリット

一つデメリットを挙げるならBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)の配合率が悪いことです。それぞれ、1246mg, 2486mg, 295mgと確かにイソロイシンが極端に少ないのです。

イソロイシンはアミノ酸の一種で筋肉強化や血糖値上昇の抑制に効果があります。

僕は問題なくこのプロテインで増量、筋肥大に成功してきているので気にはならないですが、気になる方は購入しないほうがいいかもしれません。

まあ増量期はBCAAAを食事でも摂取できるのでそこまで気にする必要はないかなとも思います。

チャンピオンピュアホエイスタックのメリット

チャンピオンピュアホエイスタックには栄養成分以外のメリットもたくさんあります。

溶けやすさが抜群

国産のプロテインですら溶けにくいものが多いのですが、溶けにくいプロテインはストレスになる上に非常に飲みにくくて継続できない可能性が高まります。

その点、このプロテインは溶けやすさが抜群でうれしいですね。

味がおいしい

味に関しては種類がたくさんあります。チョコレートブラウニー、クッキー&クリーム、ココアモカ、ストロベリー、バニラアイスクリーム、ピーナッツバター、バナナクリームパイ。

僕はチョコレートブラウニーとクッキー&クリームとココアモカを飲んだことがあるのですが、どれもびっくりするくらいに飲みやすいので他の味も問題ないかと思います。

筋肉を中心に増やしながら増量できる…脂肪は極力増やさずに筋肉を増やしながらいいペースで増量していくことが可能です。

1か月1kgか2kg増やすくらいのペースが理想のペースなのでこのくらいを目標にするといいですね。

2位 パフォーマンス ホエイ 4.19LB

このプロテインはオプティマム社のプロテインでオプティマム社は世界でもトップクラスの人気を誇るブランドです。このプロテインの特徴は何といっても増量に向いています。

僕も何度か飲んだことのある信用できるプロテインです。値段は現在2.2kgで4870円とこれまた格安です。それでは栄養成分から紹介していきます。

・エネルギー…160kcal

・タンパク質…22g

・脂質…4g

・炭水化物…9g

・ナトリウム…140mg

・コレステロール…90mg

1位のチャンピオンとの違いは増量に比重を置いているためカロリー、脂質、炭水化物、コレステロールが高いことです。なので当然増量しやすい分、余計な脂肪も付きやすいのです。

これは人によっては嫌がる人もいるでしょう。当然、脂肪はできるだけつけたくない人が多いので2位としました。

1位のチャンピオンよりも短期間での増量は可能なのですが、増量した後、減量する際に脂肪を落とすのが大変です。増量した後はおなかも出やすくなります。

味、溶けやすさ

味と溶けやすさに関しては1位のチャンピオンと全く引けを取らないレベルで溶けやすくおいしいです。味の種類は少なめですね。

チョコレートミルクとバニラシェイクの2種類のみです。どちらも飲んだことありますが、おいしくて飲みやすいです。

結局、チャンピオンピュアホエイスタックとパフォーマンスホエイのどちらを選ぶべきか

基本的には増量はしたいが、できるだけ脂肪をつけたくないという人がほとんどなので1位のチャンピオンピュアホエイスタックを選べばいいでしょう。

しかし、増量が本当に苦手でやせ体質でたくさん食べることができない。こういう方は2位の増量重視のオプティマムのパフォーマンスホエイを選ぶといいですね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2017/06/17

 - プロテイン・サプリ