<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

トレーニングメニュー

部位別トレーニングメニューを紹介しておきますね。

 

トレーニングはとにかくフォームを意識して、どこに効いているかを確認しながら行いましょう。

トレーニング

筋トレ初心者で何から取り組めばいいかわからない場合はとにかくBIG3を行いましょう。

 

BIG3に加えて気になる筋肉を+αで鍛えるという具合ではじめていくといいですね。

BIG3

BIG3は筋トレの基礎だと思ってください。

 

初心者、上級者に関わらず、トレーニーならだれもが行うべきトレーニングです。

 

「ベンチプレスの正しいフォーム」

ジムに行くと9割の方が間違ったフォームでベンチプレスを行っています。

 

おそらく、あなたも間違ったフォームでやってしまっていると思います。

 

ぜひ、この機会にベンチプレスの正しいフォームを再確認しておいてください。

 

・基本的なフォーム

・肩甲骨の寄せ方

・手幅の広さ

・手首は立てるのか、寝かせるのか

・足の位置はどのあたりなのか

・ベンチプレスの呼吸法

 

これらすべてできて正しいフォームなのです。

ベンチプレスの正しいフォームは?見落としがちな足の位置や背中のアーチについて

 

「ベンチプレスの記録が伸びないという悩みについて」

 

ベンチプレスの記録が伸びない原因はいくつかあります。

 

・正しいフォームを作れていない

・呼吸法が間違っている

・体重が軽い

・オーバートレーニング

・トレーニング不足

・栄養不足

 

特に自分が正しいと思っているフォームがまちがっていることって本当に多いのです。

 

ベンチプレスの記録が伸びないことに悩んでいるならこちらはぜひ見ておきましょう。

 

ベンチプレスの記録が伸びない原因は?正しいやり方とコツ

 

「ベンチプレスの手幅の広さによる効果の違いについて」

ベンチプレスは手幅に広さによって効く部位が変わってきます。

 

手幅を狭くすると上腕三頭筋に効きますし、広くすると大胸筋に効きやすくなります。

 

大胸筋により効かせるベンチプレスのコツはこちら。

ベンチプレスの手幅を広くした時と狭くした時の違いと81cmルールについて

 

「尻上げベンチプレスは危険」

尻上げベンチプレスはMAX記録を出しやすいというメリットがあります。

 

しかし、首を痛めやすいという危険性も高まります。

 

僕自身、尻上げベンチプレスに失敗したときに首を痛めたことがあります。

ここでは尻上げベンチプレスの正しいフォームから首を痛めてしまった場合の対処法まで伝授しています。

尻上げベンチプレスは危険?首を痛める?筋トレで首を痛めた時の対処法は?

 

「バーベルスクワットで限界までパンプアップさせる方法」

バーベルスクワットには大きく分けて2種類のやり方があることを知らない人は多いです。

 

・主に大腿四頭筋に効かせる方法

・主に大殿筋、ハムストリングスに効かせる方法

 

この2種類の正しいフォーム、効かせ方をこちらで伝授しています。

バーベルスクワットで翌日筋肉痛になるほどの効果を出す正しいやり方、フォームを伝授

 

「女性向けスクワット」

女性におすすめの太もも、おしりを引き締めるスクワットのやり方はこちら

女性におすすめのスクワットのやり方とは?ダイエット向けの方法とは?

 

「スクワット(筋トレ)の呼吸法」

スクワットに限らず、すべての筋トレに応用できる呼吸法がこちらです。

呼吸法だけでスクワットの筋トレ効果が高まる?正しいやり方を紹介!

 

呼吸法だけでMAX記録が更新できるか、より腹圧をかけたトレーニングができるかが大きく変わってきます。

「超効果的なデッドリフトのやり方」

デッドリフトは背中に効かせることも大事なのですが、それ以上に大事なのがけがをしないことです。

 

デッドリフトは腰を痛めやすい種目なのでフォームには特に注意して行いましょう。

デッドリフトで効果を最大限に出す正しいやり方を伝授!腰痛にならない方法

 

「より背中だけに効かせたい方向けのデッドリフトのやり方」

背中へのパンプがもっと欲しい、とにかく背中を重点的に鍛えたいという方はトップサイドデッドリフト(ハーフデッドリフト)を取り入れましょう。

背中にはトップサイドデッドリフト(ハーフデッドリフト)がベスト?正しいフォームは?

 

初心者は最初の3か月はBIG3だけでもいいというくらい、BIG3で体全体を鍛えることができます。

大胸筋

「大胸筋上部の鍛え方」

大胸筋上部を大きくさせると一気に大胸筋がデカく見えます。

 

大胸筋上部に特化したトレーニングメニューはこちら

大胸筋上部を徹底的に鍛えるデータに基づいたトレーニングメニュー4選

 

「リバースグリップベンチプレスについて」

大胸筋上部を鍛えるのに最も効率的なトレーニングはリバースグリップベンチプレスです。

大胸筋上部の鍛え方で最強なのはリバースグリップベンチプレス?

 

「大胸筋下部の鍛え方」

大胸筋下部を大きくすることで腹筋とのメリハリを作ることができます。

大胸筋下部を自重、ダンベル、バーベル、マシンを使った本格的な鍛え方

広背筋

「背中の厚みと広がりを手に入れる方法」

背中は厚みだけでも物足りないし、広がりだけでも物足りません。

 

厚みと広がりの両方が備えた背中こそ理想の背中だといえるでしょう。

背中の広がりと厚みをつけるトレーニング種目!僧帽筋と広背筋の両方に効かす

 

「個人的に行っている背中トレのメニューの組み方」

質問が多いので、僕が個人的に行っている背中トレのメニューの組み方を暴露しました。

僕がやってる背中の筋トレメニューの組み方(順番)を暴露します

 

「自重トレで広背筋を鍛える方法」

都合によりどうしても自重でしか筋トレできない人向けの広背筋の鍛え方を紹介します。

広背筋の正しい鍛え方!自宅で自重、ジムでバーベル、ダンベルで徹底的に効かせる

 

「脊柱起立筋を鍛える方法」

背中の真ん中の縦のラインが作りたいならこちら

脊柱起立筋を鍛えてかっこいい背中を作る正しい方法~猫背解消にも効果あり~

下半身

「下半身トレを絶対に怠ってはいけない理由」

下半身トレをおろそかにすると上はマッチョ、下はお姫様みたいなへんてこな体が出来上がってしまいます。

下半身の筋トレは絶対にやらなければならない証拠画像と正しい鍛え方

 

「ハムストリングスの鍛え方」

ハムストリングスのおすすめの筋トレ方法と絶対に下半身トレをやるべき理由

 

「大腿四頭筋の鍛え方」

大腿四頭筋のおすすめの鍛え方と多すぎる筋トレ効果、メリットを伝授

腹筋

「腹筋をシックスパックに割る方法」

太りすぎていなければ腹筋だけなら1か月で割ることは可能です。

筋トレ初心者が1か月で腹筋を割り6パックを手に入れる方法

 

「おなかを殴る筋トレは効果的?」

おなかを殴るという外からの刺激も腹筋には効果的なのです。

腹筋をシックスパックに割るにはお腹を殴る筋トレが最強の鍛え方?

上腕三頭筋

「上腕三頭筋の鍛え方」

上腕三頭筋を自宅では道具なしかダンベルで鍛え、ジムではバーベルで徹底的に追い込む方法

上腕二頭筋

「上腕二頭筋の鍛え方」

上腕二頭筋を道具なし、ダンベル、逆手懸垂で鍛える方法

三角筋

「三角筋の鍛え方」

三角筋をダンベルで鍛える正しい方法~大きな肩を手に入れよう~

前腕

「前腕の鍛え方」

前腕を太くしたい人に超おすすめの鍛え方!女性受けナンバー1の筋肉を仕上げる

僧帽筋

「僧帽筋の鍛え方」

僧帽筋の正しい鍛え方!頭痛、肩こり解消にも効果あり

「ショルダーシュラッグのやり方」

僧帽筋に効かせるショルダーシュラッグの正しいやり方とは?肩こり、頭痛にも効果あり?

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

公開日:
最終更新日:2018/03/29