<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

ベンチプレスの正しいフォームは?見落としがちな足の位置や背中のアーチについて

あなたはベンチプレスで大胸筋を鍛えたいのになかなか大胸筋にうまく効かせられないと悩んではいませんか?

 

僕自身、筋トレ初心者の頃に一番の悩みだったのがベンチプレスで大胸筋に効かせられないという悩みでした。

ベンチプレス 大胸筋

これには解決策があります。

 

正しいフォームで練習すればきれいで大きな大胸筋を作り出すことはできるのです。

スポンサーリンク

ベンチプレスの正しいフォームを科学的に解説!

まずは、一般的なベンチプレスから解説していきましょう。

基本的なフォームのコツと注意点

一般的な、いわゆる普通のベンチプレスは大胸筋、三角筋、上腕三頭筋を満遍なくきれいに鍛えることができます。

 

しかし、正しいフォームでできていない筋トレ初心者は大胸筋をうまく鍛えられず、腕や肩にばかり効いてしまうことがよくあるんです。

 

僕がそうだったのでわかります。

それでは、正しいフォームを解説していきますね。

 

1.ベンチ台にあおむけで寝てバーベルの真下に鼻が来るようにセット

2.寝転んだ時に頭、肩甲骨、お尻、右足、左足の5つ(ファイブコンタクト)が地面、またはベンチ台にしっかりとつける

3.腰はグッとそらして背中を浮かせる。このとき肩甲骨をしっかり寄せる

4.グリップ幅(手幅)はバーベルをおろして胸についたときにひじの角度が直角(90度)になる位置を持つ

5.バーベルを持ち乳首のラインにおろしてくる

6.真上に持ち上げる

 

こちらのカネキンさんの動画でわかりやすく解説してくださっているので確認しておきましょう。

基本的にはこのカネキンさんの動画通りで問題ありません。

 

ただこれだけでは初心者の方は大胸筋に効いている感覚をつかめないと思うので詳しく解説していきますね。

正しい肩甲骨の寄せ方は寄せてから下げる

肩甲骨を寄せることで胸を張れる状態になります。

 

胸を張った状態でベンチプレスを行うことで大胸筋に効きやすくなるんです。

 

このとき、多くの人が肩甲骨を寄せるだけなんです。

 

こちらの動画の30秒あたりから見てください。

このイメージでいいのですが、肩甲骨を寄せた後に下げてほしいのです。

 

肩甲骨を寄せてから下げるとより胸をはることになるので大胸筋に効きやすくなります。

 

また、こうすることで背中のアーチを自然に出来上がります。

手幅の広さは肩幅の1.5倍以内

手幅の適切な広さは肩幅の1.5倍以内です。

 

例えば、肩幅の長さが40センチなら60センチ以内で握ります。

手幅が広すぎると肩やひじを痛めやすくなります。

 

逆に、手幅が狭すぎると大胸筋に効かずに上腕三頭筋にばかり効いてしまいます。

 

ベンチプレスの手幅の詳しい解説はこちら

ベンチプレスの手幅を広くした時と狭くした時の違いと81cmルールについて

手首は立てる?寝かせる?

本や多くのサイトには「手首は立てろ」と書いてあります。

 

手首を立ててベンチプレスを行えば手首を痛める危険性がないからだそうです。

 

しかし、僕や一部の上級者トレーニーの意見が違います。

手首を立てたままでバーベルを上下してみてください。

 

体に変なストレッチ(負担)がかかりますよね。

 

具体的に言えば大胸筋の付け根や上腕二頭筋の付け根など。

 

これはケガの可能性を高めます。

結論を言うと手首は寝かせるべきです。

 

手首を寝かせたままでバーベルを上下してみてください。

 

体に余計な負担がかかりませんよね。

 

いかにリラックスした状態で最後まで動けるかがいいフォームの定義なのです。

足の位置は大腿四頭筋がリラックスできる位置で固定

多くの方が背中のアーチを限界まで作ろうとして(限界まで胸を張ろうとして)脚の位置をできるだけ頭方向に置こうとします。

 

そうすると、大腿四頭筋に負荷がかかった状態になるんです。

 

これは体に負担がかかった状態なのでよろしくありません。

 

もちろん足を投げ出しすぎても背中のアーチがなくなってしまいます。

では、足の位置はどこにおけばいいか?

 

大腿四頭筋に負荷がかからず、腰のブリッジもつぶれない自然な位置です。

ベンチプレスの呼吸法

実は呼吸法も大事です。

 

ベンチプレスに限らず、すべてのトレーニングに共通する呼吸法があります。

 

それは力を入れるときに息を吐き、力を抜くときに息を吸うことです。

 

ベンチプレスなら…

・バーベルを下げながら息を吸う

・バーベルを上げながら息を吐く

 

逆になってしまうことはよくあるので注意しましょう。

 

マックス記録にチャレンジするときの呼吸法はまた違ってくるので、こちらで詳しく伝授しています。

呼吸法だけでスクワットの筋トレ効果が高まる?正しいやり方を紹介!

まとめ(最も大事なこと)

正しいフォームを作る上で最も大事なことは体に余計な力が入っていない状態を作ることです。

 

こうすることで鍛えたい部位にピンポイントで負荷をかけることができるようになりますし、MAX記録も更新しやすくなります。

 

皆、余計な力が入り過ぎているからケガをしたり、うまく効かせられなかったりするのです。

 

最後にこの記事で伝えられていないセットの組み方もぜひ見ていってくださいね。

ベンチプレスで最大限にオールアウトさせるためのセットの組み方~RM法~

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

      2018/05/22

 - トレーニングメニュー