<img src=”http://pumpup.mods.jp/wp-content/uploads/2016/06/名人ロゴ横長完成.png”/>

筋トレ初心者のためのトレーニングメニューや最安値で購入できるプロテイン情報、絶対にやってはいけない筋肉を衰えさせてしまう習慣、女性にモテる体の作り方など筋肉作りに関する情報を伝授しています。

デッドリフトの代わりになる背中トレのメニューは?ジムでも家でもできる!

デッドリフトは体の背面を全体的に鍛えるのにとても効果的な種目です。

僧帽筋、広背筋、大殿筋、ハムストリングスといった体の後ろ側の筋肉を満遍なく鍛えられるので筋トレ上級者は皆取り入れています。

しかし、家で筋トレをする人やジムの都合によってはデッドリフトができない場合もありますよね。

というわけで、今回はデッドリフトの代わりとなるメニュー(バーベルを使わないメニュー)をまとめていこうと思います。

デッドリフトの代わりとなる背中トレのメニュー一覧

デッドリフトはBIG3と呼ばれ、筋トレの最優先メニューのTOP3に入ります。

しかし、今回話すデッドリフトの代わりとなる種目を取り入れれば、体の後ろ側を満遍なく鍛えることができるのでぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

ダンベルシュラッグ(僧帽筋)

まずは、体の背面の最上部である僧帽筋を鍛えるダンベルトレーニング「ダンベルシュラッグ」です。

肩の後ろ側、背中の上部を鍛えることができるトレーニングです。

動画の通り、コツは肩を一番上まで上げた際に3秒止めること。

そして、下げる時はストンと肩を落とすのではなく、ゆっくりと僧帽筋に効かせながら下げることです。

ダンベルさえあれば家でもジムでもどこでもできるトレーニングです。

懸垂(広背筋)

筋トレ初心者の方は知らない方も多いのですが、実は懸垂は広背筋を鍛えるのに非常に効果的な種目なのです。

慣れるまでは回数ができないのは仕方ありません。

続ければ回数をこなせるようになり、背中に効かせるコツもつかめるようになってきます。

まず、手幅が狭いと広背筋に効かずに三角筋や僧帽筋に効いてしまうので、肩幅よりもこぶし一つ分以上は広くとりましょう。

手幅を決めたら胸を張り、肩甲骨を寄せて下げます。

ひじを背中の真ん中にぶつけようとするイメージで体を引き上げます。

「自宅で懸垂はできねえよ」という人のためにもう一つ広背筋を鍛えられるメニューを紹介しておきます↓

ワンハンドダンベルロウイング(広背筋)

ワンハンドダンベルロウイングは広背筋を片側ずつ鍛えられる種目です。

片側ずつ鍛えることで左右差のない綺麗な背中を作ることができます。

コツは腕ではなく、背中でダンベルをひいてから腕を引くという順序でやること。

そして、ダンベルを真上ではなく、お尻側に引くことでより広背筋に効きます。

スクワット(大殿筋&ハムストリングス)

スクワットは大殿筋とハムストリングスの両方を高負荷で鍛えられます。

バーベルがあったほうが負荷を調節できるのでいいのですが、なくてもできるトレーニングです。

バーベルナシのスクワットの場合、こちらの動画よりもさらに深くしゃがんでも大丈夫です。

おしりを後ろ側に引くほどお尻に効かせることができます。

まとめ

デッドリフトの代わりとなるトレーニングメニューは以下の通り。

・僧帽筋…ダンベルシュラッグ

・広背筋…チンニング、ワンハンドダンベルロウイング

・大殿筋、ハムストリングス…スクワット

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
筋トレ名人
筋トレインストラクターの資格を取得した自称筋トレ名人です。元々ひょろガリでしたが、今ではどこへ行っても「ガタイいいね」と言ってもらえるほど変わりました。 筋トレ、筋肉のことで悩んでおられる方の希望になれるような記事を書いていきたいと思っております。 良記事はシェアしてもらえると喜びます。

   

 - トレーニングメニュー